芸能

辻イト子の家族は?娘・夫(旦那)・孫の名前や年齢などや経歴は?

今回は、辻イト子さんの

 

 

娘さんの名前や学歴・経歴などや

娘さんとのエピソード

 

お孫さんの人数や年齢など

 

旦那(夫)さんの画像や名前や経歴

馴れ初めや夫婦漫才動画

 

 

などなど…辻イト子さんの娘・旦那(夫)・孫など家族について書きました。

辻イト子の家族は?娘・孫の名前や年齢などは?

辻イト子さんには、子供さんは娘さんが2人いてます。

 

長女さんの名前は射場京子さん

長女の射場京子さんは2001年1月から「有限会社みかん山プロダクション」の代表を務めています。

 

有限会社みかん山プロダクション

辻イト子さんが2001年6月18日に設立した芸能プロダクションで、約100人の主婦タレントが所属されています。

 

事業内容は

有料職業紹介事業、芸能タレント・音楽家の養成並びにマネージメント、
音楽・演劇・演芸・講演の企画制作並びにその請負委託とその興業、
ラジオ・テレビ放送番組の企画制作及びコマーシャルの企画・制作協力、
ビデオ映像・写真撮影の制作及び販売、広告宣伝の代理業務

となっています。

 

次女は、大阪府立岸和田高校を卒業されています。

 

岸和田高校は

偏差値69でコシノジュンコさんなどが卒業生ですね。

 

 

ちなみに、次女が高校し、子育てがひと段落した頃

お母さんいい加減に子離れして」と言われた事がきっかけで

辻イト子さんは1994年春に46歳で「とにかく人と違うことをやってみよう」とタレント養成事務所に所属されています。

 

そして、インタビューにて辻イト子さんが

今は娘夫婦との大家族(10人)での生活です。

 

とコメントされてて

 

後述しますが、旦那・辻マガルさんのWikipediaにて

2007年7月には5人目となる孫が誕生

 

となってるので

 

娘さんには子供さんが5人はいてるっぽいですね。

さらに、2007年7月生まれなので、5人目の子供さんは2021年5月時点で13歳と言う事になりますね。

 

以上が、辻イト子さんの娘・孫に関する記事でした。

スポンサーリンク

辻イト子の家族は?旦那(夫)の名前や年齢や経歴などは?

辻イト子さんの旦那(夫)さんについてですが

 

  • 名前:辻マガル
  • 生年月日:1947年生まれ
  • 出身地:福岡県

 

大学卒業後、大阪市内の銀行員として就職

その頃、食堂でその経営者の姪の辻イト子さんと知り合い、1971年に結婚

 

結婚後、旦那(夫)さんは婿養子になり、辻イト子さんの実家・蜜柑農家を手伝う様になる

 

1987年に旦那(夫)さんは銀行を退職し、その後夫婦で不動産会社を始めるも2年程でバブルの影響で、財産をなくしてしまいます。

その後、1998年に旦那さんと辻イト子さんで漫才コンビ「辻イト子・マガル」を結成し、吉本興業に所属

現在、旦那(夫)さんは漫才・俳優・講師などの活動をされています。

 

最後に、こちらが2004年のM-1グランプリに挑戦した時の画像で

引用:https://www.m-1gp.com/archive/2004/1001/i04.html

左:将幸 と紹介されてるので…

旦那(夫)さんの名前は将幸さんなのかも?しれませんね。

 

こちらが、当時のM-1のインタビューです。

イト子:東京に来て2ヶ月で、M-1挑戦しようと思ったんですけど、また大阪とは違う空気でしょ。怖いです。
マガル:去年は1回戦だけ通ったんですけど、今年は何とか2回戦は通りたいです。

-1回戦どうでした?

イト子:なんだかわからないうちに終わったって感じです。でもね、楽しくやらせてもらったんで。
マガル:そうですね。
イト子:ちょっと笑ってくれたところもあったんで、それがよかったです。

 

旦那さんとの漫才の動画ですが

 

そして、夫婦・旦那(夫)さん個人での出演歴ですが

<辻イト子・辻マガル作品歴
TV 「あなたにありがとう」KTV(夫婦漫才を披露)
<辻イト子作品歴>
TV 「天才たけしの元気が出るテレビ」NTV
「大阪ほんわかテレビ/ドラマ出演」YTV
「ワイドABCDE〜す」ABC
CM ユニクロ、日清製粉、アコム、阪神電車、東レ、他。
Vシネマ 「喧嘩の花道パート2」「岸和田愚連隊パート2」
ミュージカル、舞台、ラジオ、映画、雑誌……多数出演
辻マガル作品歴
TV 「喧嘩の花道」CX、「おはよう朝日です」ABC
CM ツーカーホン関西、大関、大日本除虫菊
Vシネマ 「誇り」(久馬歩監督)
吉本興業 2丁目劇場(リアルキッズ、シェイクダウンのイベントにゲスト出演)。

 

となりますね。

 

以上が、辻イト子さんの旦那(夫)さんに関する記事でした。