東京五輪

アリソンフェリックスの若い頃がかわいい!画像や経歴は?

今回は、陸上のレジェンド選手・アリソンフェリックスさんの

 

 

若い頃のかわいい画像や動画まとめ

 

幼少期・高校や大学時代など…若い頃の経歴

 

 

などなど…アリソンフェリックス選手の若い頃について書きました。

アリソンフェリックスの若い頃がかわいい!動画や画像まとめ

まずは、アリソンフェリックス選手の若い頃の画像ですが

 

2009年8月、「世界陸上」

25歳

29歳

2015年北京五輪

 

その他、若い頃の画像

 

 

そして、こちらがアリソンフェリックス選手の若い頃の動画になりますね。

 

2004年、アテネ五輪

 

2014年

 

ナイキCM

 

以上が、アリソンフェリックス選手のかわいい画像と動画になります。

アリソンフェリックス選手が非常にかわいい方である事が分かる画像と動画の数々ですね~

スポンサーリンク

アリソンフェリックスの若い頃の経歴は?

アリソンフェリックス選手の若い頃の経歴ですが

 

1985年11月18日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ

幼少期から手足が長く、この頃のあだ名は「チキンレッグ」でした。

 

ロサンゼルスバプテスト高校入学後、陸上短距離を始める

 

2001年 世界ユース選手権で100mと1000mリレーで金メダル

2002年 世界ジュニア選手権200mで5位

2003年 17歳の時に、全米選手権女子200m3位入賞、世界選手権パリ大会200m準決勝敗退

2004年4月 200mで22秒51を記録し、マリオン・ジョーンズ選手のジュニア全米記録22秒58を抜く

2004年 高校生でアテネ五輪に出場し、200m銀メダル

 

2005年 世界選手権ヘルシンキ大会200m金メダル

2007年 全米選手権200m優勝。世界選手権大阪大会200m2連覇し、4×100mリレーと4×400mリレーに第2位走者で出場し金メダルに貢献し、3冠達成

 

2007年12月 南カリフォルニア大学で初等教育学の学士を取得

米国の大学では、プロアスリートでも一般学生と同様の扱いを受けるので、毎日の授業の準備・試験やレポートなど…学業とプロアスリートの両立は大変で、「これで練習に集中できるから、本当にうれしい」「授業と練習のスケジューリングが大変だった。でも、終わった。」と語られてたそうです。

ちなみに、アリソンフェリックス選手は若い頃から子供が大好きで「小学校の先生になるのは、小さい頃からも夢だっただから大学も頑張って卒業したの」と目を輝かせながら話してて、当時は「将来の夢は小学校の先生」と言うコメントもされていました。

 

2008年 北京五輪200mで銀メダル、4×400mリレーで金メダル

2009年8月 世界選手権ベルリン大会200mで3連覇し、4×400mリレーで金メダルを獲得し、2冠達成

 

2011年8月 世界選手権大邱大会で、初挑戦の400mは銀メダル、200mは銅メダル、4×400mリレー金メダル

4×100mリレーでカール・ルイス選手とマイケル・ジョンソン選手に並ぶ世界選手権最多タイの8個目の金メダルを獲得

 

2012年8月 ロンドン五輪は200m、4×100mリレー、4×400mリレーで金メダルを獲得し、3冠達成。4×100mリレーでは世界記録40秒28を達成

2013年8月 世界選手権モスクワ大会200メートルは決勝で右太もも裏の筋断裂により途中棄権

その9か月後に競技に復帰し、2014年度IAAFダイヤモンドリーグ女子200mの年間勝者になる

2015年8月 世界選手権北京大会400mを自己ベスト49秒26で金メダルを獲得し、自らの女子最多記録9個の金メダルに。4×100mリレーと4×400mリレーで銀メダル

 

 

以上が、アリソンフェリックス選手の若い頃の経歴になりますね。