スポーツ

保科広一はハーフで出身地や国籍は?兄弟や両親について

今回は、読売ジャイアンツの保科広一選手の

 

 

プロフィールや

経歴や年俸・成績

 

ハーフの保科広一選手の出身地や国籍

兄弟や両親に関する情報

 

 

などなど…保科広一選手について書きました。

保科広一のプロフィールや年俸・成績は?

保科広一選手のプロフィールですが

保科広一(ほしなこういち
出身地:大阪府堺市
生年月日:1998年6月3日生まれの23歳
身長・体重:187cm、90kg
左投左打
外野手

パンチ力のあるバッティングと、50m走5.9秒の俊足な高い身体能力を持つ選手です。

 

 

小学2年生で大阪南海ボーイズで野球を始める

 

石川県・遊学館高等学校に進学

1年春からベンチ入り

2年夏、第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し、初戦の九州学院戦に代打として出場するも、三振した

3年春、中堅手のレギュラーになる

3年夏は準決勝で敗れ、甲子園出場はならなかった

 

創価大学に進学し、2年春からレギュラーになり、3年春の東京新大学野球リーグ戦でベストナイン・MVPを獲得

2020年10月26日のプロ野球ドラフト会議にて、読売ジャイアンツより育成ドラフト11位で指名され、支度金300万円・年俸400万円で仮契約を結ぶ

 

 

ファームでの成績は、2021年9月14日地点で

打率.255、打数137、安打35、本塁打1、打点17、盗塁3

 

となりますね。

スポンサーリンク

保科広一はハーフで出身地や国籍は?兄弟や両親について

保科広一選手は、父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフですね。

 

そして、2020年10月31日の「スポーツ報知」によりますと

1998年6月3日、米国生まれ

 

と紹介されています。

 

そして、Wikipediaによりますと

出身地は大阪府堺市で、国籍は日本 となっています。

 

保科広一選手は、アメリカ生まれですが、大阪府育ちで、中学2年から大阪南海ボーイズで野球を始めました。

 

さらに、保科広一選手の弟さんの剛さんは、中学時代は関西屈指剛腕で有名で、遊学館に進学されてたそうです。

弟さんは、3歳年下で遊学館では外野手兼ピッチャだったそうですが、現在に関しては不明でした…

 

 

現状で、弟さんに関して分かってる情報は

2018年秋季北北越大会に 背番号14で出場し、1試合1打数1安打の打率1.000 と言う記録がありました。

 

そして、「YUGAKU BASEBAALL」と言うサイトでは

2019年度遊学館野球部の3年生として紹介されています。

 

以上が、弟さんに関して分かってる情報になりますね。

 

以上が、ハーフの保科広一選手の出身地・国籍や兄弟や両親に関する記事でした。