立憲代表選

西村智奈美の学歴(出身高校・大学)は?経歴やプロフィールは?

西村智奈美の学歴(出身高校・大学)やプロフィールは?

西村智奈美さんのプロフィールですが

名前:西村智奈美(にしむらちなみ)
生年月日:1967年1月13日
出身地:新潟県西蒲原郡吉田町米納津(現、燕市)
身長:170㎝
血液型:A

 

学歴

1979年3月、米納津小学校卒業

同級生は合計24人でその後小学校統合されたそうです。

 

1982年3月、吉田中学校卒業

 

1985年3月、新潟県立三条高校卒業

高校では、弓道部に所属していました。

 

1985年4月、新潟大学 法学部入学

弓道部では主将を務め、政治学系を志し国際関係論の多賀ゼミを受講していました。

 

1988年4月、新潟大学休学し、タイ・バンコク市のユニオン語学学校へ留学

1989年4月、タイから帰国し、新潟大学に復学する

1990年3月、新潟大学法学部卒業NVC新潟国際ボランティアセンターの創設に参加

 

1990年4月、新潟大学 大学院 法学研究科修士課程 入学

1990年9月、英国ブリストル大学 法学部に一年間留学

1993年3月、新潟大学大学院 法学研究科修士課程 修了、最終学歴は修士(法学)

 

三条高校は

  • 偏差値63(新潟県11位の学力)
  • 新潟県三条市の公立の進学校
  • 毎年、110人前後の国立大学・350人前後の私立大学の合格者を輩出してる

 

と言う高校になります。

 

 

以上が、西村智奈美さんのプロフィールや学歴になりますね。

スポンサーリンク

西村智奈美の経歴は?

西村智奈美さんの経歴ですが

 

1993年4月~1996年3月、専修学校非常勤講師(国際関係概論、環日本海交流概論)
1993年4月~1997年4月、新潟大学環日本海研究会事務局員

1994年7月~1996年12月、環日本海学会創設準備委員会事務局員。同年11月に設立後は学会事務局員

1996年4月~1999年3月、新潟産業大学経済学部非常勤講師(政治学)

1997年4月~2003年10月、敬和学園大学国際文化学科非常勤講師(平和学)
1997年4月~1998年9月、NVC新潟国際ボランティアセンター事務局長

1998年4月~1999年3月、新潟産業大学人文学部非常勤講師(国際政治学)
1998年4月~1999年10月、新潟青陵女子短期大学非常勤講師(国際関係論、国際政治論)

 

1998年11月、民主党に入党

1999年4月、第14回統一自治体選挙・新潟県議会議員選挙(新潟市選挙区)にて19310票で初当選

 

1999年7月、民主党新潟県連発足と同時に、副代表に就任

2000年2月~2003年11月、新潟県自治体議員フォーラム発足と同時に、幹事長に就任

2001年10月、民主党新潟県第1区総支部長代行に就任

 

2003年11月、第43回衆議院議員選挙(新潟1区)にて119297票で衆議院議員初当選

2005年9月、第44回衆議院議員選挙(新潟1区)にて136391票で当選

 

2006年4月~2007年8月、民主党広報委員会・広報委員長代理

2007年9月~2009年8月、民主党「次の内閣」子ども・男女共同参画担当副大臣

2007年11月~2012年10月、民主党新潟県総支部連合会代表に就任

 

2009年8月、第45回衆議院議員選挙(新潟1区)にて169389票で当選

2009年9月~2010年9月、外務大臣政務官に就任

2012年4月、第2次野田改造内閣 厚生労働副大臣に就任
2012年10月、第3次野田改造内閣 厚生労働副大臣に留任

 

2012年12月、第46回衆議院議員選挙(新潟1区)にて78283票で落選

2014年12月、第47回衆議院議員選挙(新潟1区)にて84753票で当選

2017年10月、第48回衆議院議員選挙(新潟1区)にて128045票で当選

 

2019年10月、立憲民主党の自治制度調査会長に就任

2021年10月24日、立憲民主党新潟県連の代表に就任

2021年10月31日、第49回衆議院議員選挙(新潟1区)にて127365票で当選

 

 

以上が、西村智奈美さんの経歴になりますね。