ニュース

森川宏映の経歴・wikiや学歴は?嫁(妻)や息子や弟など家族は?

今回は、第257代世天台座主の森川宏映(もりかわこうえい)さんの

 

 

wikiや出身大学などの学歴

 

大学卒業後からの経歴

 

 

息子や弟など家族に関する情報

 

 

 

などなど…森川宏映さんについて書きました。

森川宏映のwikiや学歴は?嫁(妻)や息子や弟など家族は?

森川宏映さんのwikiや学歴ですが

 

1925年10月22日に愛知県で生まれる

比叡山の山林保護を志し、京都大学 農学部に入学されます。

 

さらに、2018年5月20日の「日医 on-line」にて

息子さん・弟さんが医者な事を語られています。

実は私の弟も息子も医師なのですが、日頃お世話になってる「かかりつけ医」もおります。

 

さらに、佼成新聞 DIGITALの記事にて

師匠である父親は山田惠諦座主と同年齢で、山田惠諦座主と家族ぐるみの付き合いだった

 

と言った事が書かれています。

 

山田惠諦座主は1895年生まれなので、森川宏映さんの父親も1895年前後生まれだった事になりますね。

森川座主は、冒頭、師匠である父親が山田座主と同年齢で、家族ぐるみの交際があったことを懐かしみながら、延暦寺での山田座主の経歴と功績を紹介。

 

 

以上が、森川宏映さんのwiki・学歴や家族に関する記事ですね。

スポンサーリンク

森川宏映の経歴は?

森川宏映さんの経歴ですが

 

1936年、得度受戒

大学卒業後、総本山延暦寺の営繕部(管理部)を中心に歩まれる

 

1964年、延暦寺営繕部長に就任

さらに、同部長を通算3期務められました。

 

1999年から7年間京都山科の毘沙門堂門跡門主を務める

2007年、天皇皇后両陛下が延暦寺に行幸啓された時には、根本中堂前で先導役を務める

 

2014年、天台宗の基幹運動の「一隅を照らす運動」会長就任

現在は総裁をされています。

 

2015年12月14日から、天台宗総本山延暦寺の第257世天台座主(天台宗の最高位)に就任

現代は慈悲の心を忘れ、富の偏在や差別の増長を生み、憎しみの連鎖を生み出す。互いの仏性を尊重し共生する仏教の考え方が橋渡しできるはず」と抱負を語られています。

 

さらに、2004年比叡山高等学校長、1991年延暦寺学園長、1992年奥比叡ドライブウェイ社長などを歴任されています。

 

 

以上が、森川宏映さんの経歴になりますね。