ニュース

渡辺貴洋の現在はバー店長?高校時代の成績や年俸推移まとめ

今回は、元プロ野球選手の渡辺貴洋(わたなべたかひろ)さんの

 

  • プロフィール
  • 現在について
  • 中学・高校時代について
  • 巨人時代の成績や年俸推移

 

などなど…渡辺貴洋さんについて書きました。

渡辺貴洋のプロフィールは?

渡辺貴洋さんのプロフィールですが

  • 生年月日:1992年8月26日
  • 出身地:新潟県胎内市
  • 身長・体重:172㎝、70㎏
  • 左投げ左打ち

となります。

渡辺貴洋の現在はバー店長?

渡辺貴洋さんの現在は、西麻布のバーの店長を務めていました。

さらに、パーソナルトレーナーをされてたみたいです。

渡辺貴洋の高校時代の成績は?中学は軟式出身?

渡辺貴洋さんは、胎内市立中条中学出身で、中学時代は軟式野球部に所属されていました。

高校は山形県の鶴岡東高校出身で、1年時から公式戦に登板します。

初先発の秋の県大会2回戦・日大山形戦にて、3安打完封をし注目をされます。

2年秋からエースになります。

高校3年時夏は、山形県予選準決勝まで全5試合で完投します。

決勝の山形中央戦では、延長12回で3対4で敗れ、準優勝で終わります。渡辺貴洋さんが最後の打者となりました。

この試合の記事によりますと、高校時代の渡辺貴洋さんは

大会屈指の技巧派左腕。130キロの直球に120キロのチェンジアップとスライダー、100キロのスローカーブを上手や横手から内外角に投げ分ける。緩急の差で打たせて取るだけでなく、ずばりと内角を突いて三振も奪ってきた。

引用:https://draftrepo.blog.fc2.com/blog-entry-1721.html

と紹介されていました。

さらに、この夏の大会では、47回・646球の投球を行ったそうですが、渡辺貴洋さんは「全然疲れはないと言えば噓だけど、まだまだ投げられた」とコメントされています。

高校時代は、下半身強化の走り込みや毎日150球近くの投げ込みを行ってたそうです。

ちなみに、渡辺貴洋さんは高校時代は、甲子園に出場する事はできませんでした。

渡辺貴洋の巨人時代の年俸推移は?

渡辺貴洋さんは、高校卒業後は新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団します。

ここで、フォーム修正を行い、球速を145㎞まで上げました。

2011年に、先発・中継ぎで23試合78回2/3に登板し、7勝・防御率1.94の成績を残す

2011年10月、ドラフト会議で巨人から育成6位で指名を受け、支度金100万(推定)・年俸240万で入団します。

2012年は、ファームで2試合の登板し、いずれも打者1人ずつで1アウトも奪う事が出来なかったそうです。

2013年は、ファームで13試合に登板し、2勝0敗 防御率2.79の成績を残すも、10月1日に戦力外通告を受けます。

そんな渡辺貴洋さんの巨人時代の年俸推移ですが

  • 2012年 240万
  • 2013年 250万

となります。

その後の経歴ですが

独立リーグに復帰し、2015年から外野手転向

外野手転向後も投手として登板される事もありました。

2019年から横浜市を本拠に活動する「JFAM EMANON」で投手としてプレー

その後の詳しい経歴は不明です。