芸能

ジェリー藤尾の若い頃(昔)は最強!安岡力也・用心棒などの話まとめ

今回は、歌手で俳優のジェリー藤尾さんの

 

 

愚連隊の用心棒など…若い頃(昔)の喧嘩最強エピソードの数々

 

若い頃(昔)のイケメンな画像や動画や

芸能界デビューや結婚など…若い頃(昔)の経歴

 

 

などなど…ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)について書きました。

ジェリー藤尾の若い頃(昔)は最強!安岡力也・用心棒などの話まとめ

ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)のエピソードですが

 

父親が日本人(NHKアナウンサー)で母親がイギリス人で、中国・上海で1940年6月26日に生まれる

 

第二次世界大戦後、1946年に6歳で家族で日本に移住

当時のジェリー藤尾さんは、英語のみしか話す事が出来ず、外見や言葉などで母親ともに差別を受けたそうです。

特に、母親の差別はひどく、心労でアルコール依存になってしまい、ジェリー藤尾さんが中学1年時に28歳で亡くなってしまいました…

さらに、自宅の台所でウィスキーの瓶を握りしめたまま母親が亡くなってるのを最初に見つけたのは、ジェリー藤尾さんだそうです・・・

 

ちなみに、幼少期のいじめに立ち向かう為に、ジェリー藤尾さんは喧嘩が強くなって行ったそうですよ。

 

その後、母親が亡くなった事への失意で父親も家庭をかえりみなくなり、家庭崩壊してしまい、ジェリー藤尾さんは自分の居場所を求め、毎日繁華街に出る、荒れた生活を送っていました。

10代で、愚連隊「三声会」の用心棒を務めます。

 

ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)は、かなり喧嘩が強かったそうで、ジェリー藤尾さんが道を歩くとヤクザの人でも道が出来たともいわれています。

さらに、新宿の不良の間では、ジェリー藤尾さんを知らない者はいなかったレベルだったとか。

 

そして、wikipediaによりますと

1962年2月20日未明、港区・麻布で仲間と飲酒中に面識のないヤクザ(後に自首し逮捕)に連れ出されてナイフで切りつけられ、目の上と首に全治2週間の傷を負う事件に遭遇している。この際、ジェリーも素手で反撃して相手に全治10日間の怪我を負わせたため書類送検されている。

また、ジャズ喫茶の帰り道に3人のヤクザに絡まれた際、相手の肋骨3本と前歯4本をへし折って返り討ちにしたものの、直後に現場にパトカーが駆けつけ、過剰防衛の容疑で逮捕されてしまった、という逸話もある。

 

などのエピソードが記載されていました。

 

最後に、ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)の喧嘩最強伝説について

ヤンキー雑誌「ティーンズロード」の初代・編集長の比嘉健二さん曰く

若い頃は愚連隊の用心棒を務めていたほどで、新宿の不良の間では知らない者がいない存在でした。「命知らずの藤尾」と恐れられていたそうです

 

作曲家・曽根公明さん曰く

芸能界で一番の猛者はなんといってもジェリー藤尾だよ。「中央線の鬼」と恐れられていた。
ジェリー藤尾の前では、(安岡力也さんが)情けないぐらい小さくなってた
やくざも一目置く存在でとにかく素手でかなう相手がいなかった

 

以上が、ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)の喧嘩最強エピソードになりますね。

スポンサーリンク

ジェリー藤尾の若い頃(昔)の経歴や動画は?芸能界デビューや結婚など

さらに、ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)の経歴ですが

 

ジェリー藤尾さんは次第に音楽に興味を示し、高校2年でバンドボーイになり、米軍キャンプを回る

1957年に新宿のジャズ喫茶で飛び入りでエルヴィス・プレスリーの「ハウンド・ドッグ」を歌い、その事がきっかけで「マナセプロダクション」からスカウトされ芸能界入りを果たします。

 

1958年、高校留年が決定したのを機に中退し、芸能活動を開始し、「水原弘とブルーソックス」として日劇のウエスタンカーニバルで初舞台を踏む

 

1959年、「檻の中の野郎たち」で映画初出演

1961年、「悲しきインディアン」で歌手デビュー

 

1961年、映画「用心棒」(黒澤明監督)で、賽の目の六役で、オープニングで主人公に片腕を斬られてしまう役を務める

 

1962年、「夢で逢いましょう」に出演

番組内の「今月のうた」に採用された「遠くへ行きたい」が大ヒットし、日本レコード大賞の作曲賞を受賞し、一躍スターになる

 

1963年に「紅白歌合戦」にも出場されています。

 

 

その後、「ダニー・ボーイ」「土佐一本釣り」「指笛の丘」などのヒット曲を出す

 

 

1964年に、タレントの渡辺友子さんと結婚

 

結婚後は円満な家庭の父親としてテレビ番組やCMに多数出演するようになり、そうした過去の「武勇伝」を表に出す事は控え、温厚なイメージに変化されて行きました。

 

以上が、ジェリー藤尾さんの若い頃(昔)に関する記事ですね。