ニュース

木原正裕のwikiは?兄弟は木原誠二!父親は銀行員!嫁(妻)は?

今回は、木原正裕さんの

 

 

wiki風プロフィールや

 

銀行員の父親についてや

兄弟の木原誠二さんについてや

 

お嫁さん(妻)について

 

 

などなど…について書きました。

木原正裕のwiki風プロフィールは?

木原正裕さんのwiki風プロフィールですが

  • 名前:木原正裕(きはらまさひろ)
  • 生年月日:1965年

 

出身地に関しては不明でしたが、後述しますが、弟・木原誠二さんは

出身地は、東京都渋谷区 となっています。

 

なので、木原正裕さんも東京都渋谷区 出身かも?しれませんね。

 

さらに、弟・木原誠二さんは父親の仕事の影響で、生後9か月から5歳までシカゴに住んでて、1975年にアムステルダムに住んでいます。

なので、木原正裕さんもシカゴ・アムステルダムに住んでた期間がある可能性がありますね。

 

 

以上が、木原正裕さんのwiki風プロフィールでした。

木原正裕の兄弟は木原誠二!嫁(妻)の父親が凄い!

木原正裕さんの兄弟ですが、弟さんは政治家・木原誠二さんになります。

 

そして、弟・木原誠二さんの経歴と学歴は

東京都渋谷区に生まれ、生後9か月から5歳までシカゴに居住。1979年5月にアムステルダムに移り、

同年12月、新宿区立戸塚第二小学校へ転入。武蔵中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省(証券局企業財務課)。1995年~97年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)留学。

帰国後、主計局法規課勤務ののち、1999年~2001年 英国大蔵省に派遣。2001年7月 大臣官房の課長補佐となり、2003年7月からは財務省国際局の課長補佐を2年務めた。2005年7月10日 岩見沢税務署長に転任するも、急遽行われた郵政解散を受け出馬するため8月17日に財務省に復籍のうえ退職。

2005年の第44回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で東京20区から出馬し、現職の加藤公一を破り初当選した。

2009年の第45回衆議院議員総選挙には自民党公認で出馬するも落選[5]。落選中は、縄文アソシエイツでコンサルタントとして勤務。政策研究大学院大学の研究員に就任。

2012年の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で再び出馬し、加藤らを破って当選、国政に復帰した。

2013年9月の第2次安倍内閣で外務大臣政務官に就任。2014年9月に退任する。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙で3選。2015年10月、外務副大臣に就任。

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で4選。

2021年10月、内閣官房副長官、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策担当)に就任(兼務)。

2021年10月の第49回衆議院議員総選挙で5選。

2021年12月、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策担当)を辞任(内閣官房副長官は続投)。

 

となります。

 

そして、弟・木原誠二さんの2012年3月11日のブログにて、お兄さんについて書かれています。

木原正裕さんは、結婚してて、お嫁さんは共働きだそうです。

東京にいる兄に5時間ほどしてようやく電話がつながったものの、兄も共働きのお嫁さんとは、全く連絡が取れないとのこと。深夜になって、ようやく家族全員の無事を確認することができました。

 

さらに、お嫁さんは、浜本直子さんと言う名前で、第一勧業銀行常務・浜本光雄さんの長女になります。

 

 

以上が、木原正裕さんのお嫁さん(妻)と兄弟に関する記事ですね。

木原正裕の父親は銀行員!

木原正裕さんの父親は雄一郎さんで銀行員、母親は下坂花枝さんで台湾銀行副頭取・下坂藤太郎さんの六女になります。

 

 

父親・雄一郎さんの経歴は

 

1936年生まれ

1960年 東京銀行 入行

1988年 日本国際通信 取締役

1991年 日本国際通信 常務

1995年 日本国際通信 専務

1997年 日本テレコム 顧問、ジャパンテレコムユーケー社長

2001年 東京療術学院副院長

 

 

となります。

 

ちなみに、木原正裕さんは、東京銀行の宿舎に住んでた事もあるそうです。

 

 

以上が、木原正裕さんの父親に関する記事ですね。

木原正裕の略歴(経歴)・学歴(出身高校・大学)は?今回は、みずほフィナンシャルグループの社長に昇格される事が決まった木原正裕さんの 経歴(略歴)やwiki風プロフィ...