芸能

野口典夫のウィキペディアは?出身や生年月日・年齢や仕事は?

今回は、研ナオコさんの旦那さんの野口典夫さんの

 

 

出身地や生年月日・年齢などのウィキペディア風プロフィールや

 

仕事や経歴

 

 

などなど…野口典夫さんについて書きました。

野口典夫のウィキペディアは?出身や生年月日・年齢は?

引用:https://news.ameba.jp/article/kennaoko_1

野口典夫さんのウィキペディア風プロフィールですが

  • 名前:野口典夫(のぐちのりお)
  • 生年月日・年齢:1959年10月20日生まれの61歳

 

 

ちなみに、野口典夫さんの61歳の誕生日にて、研ナオコさんが67の数字のロウソクが立つ誕生日ケーキを挙げるジョークをされています。

この日、冒頭で「昨日はお父さんの誕生日でした」と報告。「ハッピーバースデー 67歳の誕生日おめでとう!!」と祝福し“67”の数字のロウソクが立つ誕生日ケーキを写真で公開するも「本当は61歳です」とお茶目にコメント。

また、研は7月8日のブログで自身の誕生日を報告しており、その際、野口さんに買ってきてもらったという誕生日ケーキに立てられた”76″の数字のロウソクに対し「76!?こんなに歳とってねーわ」とツッコミを入れており、今回は「私の誕生日のリベンジをと計画したのですが」とつづるも、「すぐにバレてしまいました」と説明した。

引用:https://times.abema.tv/news-article/8629982

 

出身地ですが

平成27年9月2日、茨城県鹿島市の「市長提案説明要旨」にて

第2部では、本市出身の野口典夫氏が、鹿島開発を題材に製作した短編映画「海ガメの約束」を上映した

 

と書かれてるので、野口典夫さんは茨城県鹿島市出身になります。

 

ちなみに、お兄さんと甥っ子さんは、茨城県鹿島市に住んでて

お兄さんは調理師免許を持ってて、甥っ子さんは真介さんと言う名前になります。

 

 

以上が、野口典夫さんの出身や年齢・生年月日などのウィキペディア風プロフィールになりますね。

スポンサーリンク

野口典夫の仕事や経歴は?

引用:https://news.ameba.jp/article/kennaoko_1

野口典夫さんの仕事ですが

 

芸能事務所「ケンズファミリー」の代表取締役社長や「株式会社CSI:TOKYO」の代表を務めています。

 

「株式会社CSI:TOKYO」は

コンサート・イベント・音源の企画制作 及び コーディネート
番組・動画の企画制作 及び コーディネート
タレント・モデルのキャスティング代行
商品の企画・製造・販売・マーケティングのコーディネート
​衛生用品の販売 及び 防疫技術のコーディネート

一般社団法人 日本防疫技術協会 加盟社

と言った感じの会社になります。

 

「ケンズファミリー」は、田辺エージェンシーの関連会社で、くれないぐみ、ひとみ(娘)、カイマナふぁみりー、ツバサ・スズキが所属してて、過去には井上康・斉藤文太・青木隆治が所属してる

 

そして、研ナオコ・小林奈々絵と業務提携してて、過去には木村彰吾・有村智恵が業務提携してる

 

 

野口典夫さんの経歴ですが

1992年、「THE虎舞竜」のプロデュースに参加、高橋ジョージさんと共同代表のプロダクションを設立

1996年、映画「ロード」を企画製作。映画とコンサートを合体させたシネマライブを全国30か所のツアーを開催

1999年、高橋ジョージ監督・主演の映画「ラッキーロードストーン」をプロデュース

2000年、研ナオコの全国ツアーや音源制作のプロデュース

2008年、女子プロゴルファー有村智恵をプロデュース

2015年、ロサンゼルス映画祭出品作品「THE HYBRID 鵺の仔」を企画・制作・エグゼクティブプロデューサー

 

2017年、第3回「いばらきショートフィルム大賞」大賞作品「海ガメの約束」を原案・制作指揮

こちらの作品は昭和40年代の茨城県鹿島地区が舞台で、高度成長に沸く鹿島建設と鹿島灘の漁で生計を立てる漁師家族地元に伝わる海亀の伝説と少年の成長を描く物語で野口典夫さんの実話になります。

こちらの作品は、相川七瀬さんや研ナオコさんなどが出演し、研ナオコさんが主題歌「壁の向こう」を歌っています。

 

 

以上が、野口典夫さんの仕事や経歴になりますね。

野口典夫の若い頃の画像や経歴は?離婚歴や息子・娘の現在は?今回は、研ナオコさんの旦那・野口典夫さんの 俳優・プロデューサー時代など…若い頃の経歴や画像などや ...