衆院選 2021

河村建一の嫁・裕美は文部科学省?息子(子供)の画像や年齢などは?

今回は、河村建一さんの

 

 

お嫁さん・裕美さんの凄すぎる経歴・学歴についてや

 

息子さんの画像や年齢など

 

 

お姉さんや母親について

 

 

など…河村建一さんの家族について書きました。

河村建一の嫁・裕美は文部科学省?経歴・学歴は?

引用:https://www.worldtimes.co.jp/photonews/40771.html

河村建一さんのお嫁さんですが、河村裕美(かわむらひろみ)さんになります。

2人は、2004年に結婚されています。

 

1998年、大阪大学 人間科学部卒業後旧文部省入省財務課、特別支援教育課など初等中等教育部署を務める

高校が教育実験校で様々な教科を学ぶ事ができ面白さを感じ日本で初めて設立された理系と文系を学ぶ事が出来る大阪大学 人間科学部を進学先に選んだそうです。

 

ちなみに、高校1年生の夏休みにアメリカに短期留学をして、ボランティアの女性と仲良くなり、「同じ年かな」と思ってたら小学校4年生で、驚くと同時に「世界には知らないことが多く、実際に触れてみたり、経験してみたりすることの大切さを知った」そうです。

この経験により、「日本と世界を繋ぐ仕事をしたい」と思ったそうです。

 

2001年、旧文部省に入省して5年目ぐらいにアメリカコロンビア大学院に留学

2003年、アメリカコロンビア大学 公共政策大学院修士課程

留学中に9.11同時多発テロに間近で遭遇しました。

 

修了帰国後、文化庁で世界遺産の担当(紀伊山地の霊場と参詣道の世界遺産登録に関わる)や海外のファンディングエージェンシーとの協定締結などを経て文科省全体の国際窓口を担当

国際業務を主に担当。高等教育企画課、日本学術振興会国際事業部、大臣官房国際課など国際業務、初等中等教育段階におけるグローバル人材育成を担当

大臣官房国際課時代に、東京オリンピック・パラリンピックの招致を行ってて、これが初めてのオリンピックの接点だったそうです。

 

グローバル人材育成では、留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を立ち上げ「トビタテ!留学JAPAN【高校生】日本代表プログラム」の開発責任者絵を務め、2014年4月から開始のグローバルリーダーを育成する「スーパーグローバルハイスクール」を構想から手がけ、高校国費留学支援、帰国子女と外国人子弟に日本語指導の制度設計、事業を実施しました。

 

2014年10月から東京オリンピック・パラリンピック組織委員会

 

2015年4月から2017年4月、IOC(国際オリンピック委員会)

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会国際関係部長職兼務で、スイスローザンヌに本部がある国際オリンピック委員会オリンピックゲーム局に勤務し、聖火リレー・エンゲージメント・文化オリンピアード、オリンピック教育プログラムなどオリンピックムーブメントの様々なプログラムの実施に携わる

 

2017年8月、オリンピックPRセレクタリー

 

2021年10月4日、国際統括官付国際戦略企画官(スポーツ庁付)

 

 

以上が、河村建一のお嫁さんの経歴や学歴になります。

スポンサーリンク

河村建一の息子の画像や年齢などは?

河村建一さんには息子さんが2人いてて、2005年に長男・2006年に次男が産まれています。

 

 

 

母親は隆子さんになります。

隆子さんの学歴は、1966年に山口県立下関南高校卒業。1970年にお茶の水女子大学 教育学部英語英文学科卒業になります。

 

そして、お姉さんは、河村直子さんになります。

 

 

以上が、河村建一さんの家族に関する記事ですね。

河村建一の経歴・学歴(高校・大学)やwiki風プロフィールは?今回は、河村建夫さんの長男・河村建一さんの 生年月日などのwiki風プロフィールや 出身小学校~大学...