衆院選 2021

勝目康の実家は勝目病院?父親・妹や嫁(妻)・子供(娘)は?

今回は、京都府1区から立候補されてる勝目康さんの

 

 

実家説が出てる勝目病院について

 

父親・妹さんが噂されてる人の凄すぎる経歴・学歴

 

 

お嫁さん・息子さんの年齢・画像や職業などの情報

 

 

などなど…勝目康さんの家族について書きました。

勝目康の実家は勝目病院?

勝目康さんの実家についてですが、公式サイトによりますと

実家は上京区の開業医で、現在は妹が継いでる

 

と言った事が分かりました。

後に上京区で医院を開業する父の長男として昭和49年に生まれました。現在も医院は同地で妹が引き継いでいます。中京区の実家にはよく家族が集まり、3世代で賑やかにしています。

引用:https://www.katsumeyasushi.com/profile

 

そんな勝目康さんの実家は勝目病院では?と噂されています。

京都には勝目病院ではなく「内科・循環器科 医療法人 勝目医院」と言う病院があります。

勝目紘(ひろし)さんが“良質の医療提供”という信念を持ち、1992年に開院されてて、京都市上京区丸太町ある病院です。

この病院は、開業当初から循環器内科を中心に内科全般の診療を行ってて、2014年から心臓リハビリテーションを実践されています。

診察室とリハビリ室からはまるで日本庭園の様な庭を見渡せる地域住民から親しまれてる病院になります。

 

勝目医院は、勝目紘さんが2018年亡くなったので、娘の大寳(おおたらわ)(勝目)あさ子さんが院長職を継承されています。

 

 

と言った部分から、勝目康さんの実家は勝目医院の可能性がありますね。

スポンサーリンク

勝目康の家族は?嫁(妻)・子供(娘)や父親・妹は?

勝目康さんの家族についてですが、上記の勝目医院が実家だとすると

父親が勝目紘さんで、妹さんが大寳あさ子さんの可能性がありますね。

 

勝目紘さんは

 

昭和42年、京都府立医科大学卒業

昭和49年、京都府立医科大学 第二内科助手

昭和54年、京都府立医科大学 第二内科講師

平成元年、京都府立医科大学 第二内科助教授

平成4年、勝目医院開設

 

平成30年6月、76歳で亡くなる

 

勝目紘さんは、学校心臓検診に長く携わり、京都循環器医会の立ち上げに奔走されました。

そして、京都府保健医協会の協会理事を歴任されていました。

 

さらに、循環器内科の勤務医時代は、家にいる日はほとんどなかったそうです。

たくさんの医学雑誌や専門書を読み、新しい知識を勉強されてる方だったそうです。

 

と言った感じの方ですね。

 

 

大寳(勝目)あさ子さんは

 

平成13年、関西医科大学卒業

平成13年、京都府立医科大学附属病院 内科研修医

平成15年、舞鶴医療センター 内科レジデント

平成17年、京都府立医科大学大学院

平成21年、京都府立医科大学 循環器内科 病院助教

平成26年、勝目病院勤務

平成30年、勝目病院院長

 

大寳あさ子さんは、高校生の時に、祖父が心筋梗塞で倒れて、父親が応急処置を行い、生まれて初めて父親の仕事を見て、父親の様な医師として社会貢献したいと考える様になったそうです。

 

 

最後に、勝目康さんのお嫁さんと子供さんですが

 

妻と5歳の息子さんの3人家族で、休日は梅小路公園・京都御苑・鴨川などで家族で過ごされてるそうです。

お嫁さんは画家だそうです。

引用:https://www.katsumeyasushi.com/profile

 

非常に綺麗なお嫁さんですね。

 

 

以上が、勝目康さんのお嫁さんや息子さんや父親や妹さんなど家族に関する記事ですね。

勝目康(総務省)のwiki・経歴や学歴(出身高校・大学)などは?今回は、政界を引退した伊吹文明さんの後継として擁立される総務省・勝目康さんの wiki風プロフィールや ...