北京 冬季五輪

新濱立也の身長・体重が凄すぎ!デカい理由は鮭のちゃんちゃん焼き?

今回は、北京冬季五輪 スピードスケート 日本代表の新濱立也選手の

 

 

身長・体重についてや

 

デカい体を作ってるトレーニングや

デカい体になった理由についてや

 

他の日本代表選手との画像比較

 

 

などなど…新濱立也選手の身長・体重について書きました。

新濱立也の身長・体重は?

引用:https://mainichi.jp/articles/20211014/k00/00m/050/084000c

新濱立也選手の身長は183㎝・体重89㎏ になります。

 

身長・体重を見て頂いたら分かるように、新濱立也選手は、外国勢に引けを取らない体格をされています。

引用:https://www.instagram.com/p/B8nyYX1JlXh/?utm_source=ig_web_copy_link

 

確かに、引けを取っていまんせんね。

それにしても、外国人選手の太ももがエグ過ぎですね・・・

スポンサーリンク

新濱立也のデカい体を作ってるトレーニングは?

引用:https://mainichi.jp/articles/20211014/k00/00m/050/084000c

新濱立也選手のトレーニングについて

2020年5月6日の「Tarzan」の記事にて

 

 

レース前の1週間はほぼ固定メニューで、距離はそんなに滑らないけど、設定したラップで滑る事は厳しく守り、怪我しないギリギリの所で、繊細な練習をしてる

普段のウェイトトレーニングは、自分はマックスの80%ぐらいでやってて、ロードバイクは平坦な道を距離にして100kmぐらいは走る

 

 

と言った感じの事が書かれていました。

レース前の1週間はほぼ固定のメニューで、距離はそんなに滑りません。ただ、設定されたラップで滑ることは厳しく守ります。遅すぎると楽をしたことになるし、速いと負担が大きくて翌日に響いたりする。だから、タイムを見つつ、ケガしないギリギリのところで、繊細な練習をしている感じですね。

普段のウェイトトレーニングは、自分はマックスの80%ぐらいで行っています。ロードバイクで走るのも好きで、乗るときは平坦な道を距離にして100kmぐらいは走りますね

スポンサーリンク

新濱立也の体がデカい理由は鮭のちゃんちゃん焼き?

引用:https://mainichi.jp/articles/20211014/k00/00m/050/084000c

2021年4月19日の「AJINOMOTO×SPORTS」の記事にて

新濱立也選手の体がデカい理由について語られてて

 

 

漁師の父親の影響でよく鮭や帆立などの魚貝類を食べ、出身地・北海道別海町は有名な牛乳の生産地でたくさん牛乳を飲んでたから

 

 

だそうです。

小さい頃からカラダが大きかった新濱選手。食事の栄養バランスについて、昔はあまり意識したことはなかったそうです。ただ、漁師の父親の影響でよく食べていたのが、鮭や帆立などの魚貝類。特によく食べていたのが「鮭のちゃんちゃん焼き」。豪快に半身の鮭に野菜をたっぷり!また、新濱選手のおふくろの味と言えば、「いくらの塩漬け」。醤油漬けとは違い、それぞれの家庭の味が出るそうで、母親によくリクエストしていた大好物。北海道別海町は、有名な牛乳の生産地でもあり、牛乳もたくさん飲み、大きく育ったそうです。

 

 

ちなみに、「ためろぐbolg」の2021年3月21日の記事によりますと

平均身長180㎝のアイルランドは、魚の消費が世界一

日本の男子の高身長県1位石川県・2位秋田県・3位青森県 魚介類の消費が多い県は1位青森県・2位秋田県・3位富山県・4位石川県

 

と書かれていました。

 

 

そして、「MORINAGA」の記事にて

  • 「これを食べたら背が伸びる」と言う魔法のような食べ物はない
  • 成長期に伴いエネルギー摂取量を増やしたり、バランスの良い食事を心がけ、同時に運動と睡眠のサイクルをリズムよくつくることができれば理想的

 

さらに

牛乳をたくさん飲んでも、カルシウムは1回の摂取量から吸収される量も限られてるので、牛乳だけを1度にたくさん飲むのではなく1日を通して、他の乳製品や緑黄色野菜、小魚など様々なカルシウム源となるものを万遍なく摂るように心がけることが大切なポイント

 

と書かれています。

残念ながら、「これを食べたら背が伸びる!」という魔法のような食べ物はありません。

特に成長期は、生涯においても身長や骨格筋が大きく増える時期でもありますが、その時期を把握し、その成長期に伴いエネルギー摂取量を増やしたり、バランスの良い食事を心がけ、同時に運動と睡眠のサイクルをリズムよくつくることができれば、理想的かと思います。

エネルギー摂取量だけではなく、カルシウムも重要!という認識で、牛乳を多飲しているという話も聴くことがありますが、カルシウムは1回の摂取量から吸収される量も限られており、牛乳だけを1度にたくさん飲むのではなく、1日を通して、他の乳製品や緑黄色野菜、小魚など様々なカルシウム源となるものを万遍なく摂るように心がけることが大切なポイントです。

 

上記の内容から、バランスの良い食事を摂取する事が大事な事が分かります。

そして、上記の記事内より、新濱立也選手は鮭のちゃんちゃん焼きが大好物でよく食べてたそうです。

さらに、鮭のちゃんちゃん焼きは、魚介類だけでなく、野菜・キノコがたくさん入ってるバランスの良い食事です。

 

なので、新濱立也選手のデカい体になったのは

幼少期から魚介類や鮭のちゃんちゃん焼きをたくさん食べて、バランスの良い食事をしてたからなのかも?しれませんね。

スポンサーリンク

新濱立也の身長を他の選手と画像比較してみた!

引用:https://mainichi.jp/articles/20211014/k00/00m/050/084000c

では、最後に、新濱立也選手と同じ500m・1000mに出場する日本代表選手と画像比較して行きましょう!

 

村上右磨選手 177㎝・体重77㎏

引用:https://www.daily.co.jp/general/2019/11/26/0012908336.shtml

 

そして、左から新濱立也選手、小島良太選手 175㎝・74㎏、森重航選手 身長175㎝・67.4㎏となります。

引用:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/3898538/

 

やはり、新濱立也選手の身長が一回り大きく感じますね。

 

 

以上が、新濱立也選手の身長・体重に関する記事ですね。