芸能

佐藤文音(ピアノ)のwikiは?国立音楽大学出身?高校はどこ?

今回は、野口五郎さんの娘でピアニストの佐藤文音さんの

 

  • wiki風プロフィール
  • 優秀すぎる学歴
  • 優秀すぎる経歴

 

などなど…ピアニスト・佐藤文音さんについて書きました。

佐藤文音(ピアノ)のwiki風プロフィールは?

ピアニスト・佐藤文音さんのwiki風プロフィールですが

  • 名前:佐藤文音(さとうあやね)
  • 生年月日:2002年6月5日
  • 出身地:東京都
  • ピアニスト

佐藤文音さんは、大学生をしながらピアニストとして活動をされています。

こちらは2021年6月5日「人生、歌がある」で野口五郎さんと佐藤文音さんが共演された時のものです。

野口五郎さんは自身のブログで

本日「人生歌がある」で文音のピアノ演奏で歌わせて頂きました。

引用:https://ameblo.jp/goro-noguchi/entry-12678875259.html

と書かれています。

佐藤文音(ピアノ)は国立音楽大学出身?高校はどこ?

野口五郎さんは佐藤文音さんに音楽を英才教育を受けさせていました。

誕生前から聴診器にて、ラの音を聞かせてたそうで、誕生後にラの音を聴くと笑ってたそうです。

さらに、コップ叩いて「これは何の音?」と聞いた所、「少し低いシの音」と答え、野口五郎さんは佐藤文音さんが絶対音感を持ってる事に気付いて、3歳からピアノを習わせたそうです。

佐藤文音さんは、中学から国立音楽大学附属中学・高校に進学をされています。

その後の学歴は

  • 2021年3月、国立音楽大学附属高校 卒業
  • 2021年4月、東京音楽大学 ピアノ演奏家コースに入学

となります。

佐藤文音さんの大学進学について、野口五郎さんのブログにて

プライベートな話が続いてしまいますが,長女が高校卒業で新たに受験したいと申しまして……
小さい頃からピアノを演っておりまして,勉強と両立しなければネ!とは言っていたのですが,何とか ピアノ演奏家コース に 合格💮 しました。

引用:https://ameblo.jp/goro-noguchi/entry-12665183202.html

と書かれています。

高校時代の佐藤文音さんは、ピアノを熱心に勉強をされてて、かなり実力だったそうです。

さらに、学業も両立されてて、勉強もできたそうです。

佐藤文音(ピアノ)の経歴は?

ピアニスト・佐藤文音さんの経歴ですが

 

2019年4月、野口五郎さんの「これが愛と言えるように」でピアノを演奏されました。

 

2021年、SAKURA JAPAN MUSIC COMPETITION 2021 東京大会にて、カテゴリーⅡのピアノ部門で奨励賞、高校生の部2位

2022年3月、第3回ヴィルトーゾピアノコンクール2022プレミアム F級プロフェショナル部門3位、ベリッシマソーノ賞

佐藤文音さんの演奏について「2022ヴィルトーゾピアノコンクール プレミアム」にて

ベリッシマソーノは「とても美しい音」という意味です。ベートーヴェンのソナタ第18番全楽章を特筆に値する美しい音で弾ききり、全てを自然に歌いきったことが評価されました。特に第4楽章テクニックの安定感は才能を感じさせました。

引用:https://aipiano.site/

と記載されています。

2022年5月、N響メンバーによる ゲートウェイ・ゾリステンにて、ゲストとして出演し、ステージデビューを飾りました。

この時、客席で見に来てた野口五郎さんがアンコールで立ち上がり、佐藤文音さんの演奏で1曲歌われたそうです。

野口五郎さんは、佐藤文音さんのステージデビューについて

大勢の方々に見守られ演奏出来た事は本当に幸せだと思います! 今日の経験を大きな糧として、自身の思う音楽道! を歩んでくれればと願います

とコメントされています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/88dea898c97063fabde18b6547eafd92148e2f73

以上が、佐藤文音さんに関する記事ですね。