スポーツ

イヒネ・イツアの出身中学・小学校は?萩山時代は控え選手だった?

今回は、誉高校のイヒネ・イツア選手の

 

  • 出身中学・小学校
  • 小・中学時代について
  • 誉高校時代について

 

などなど…について書きました。

イヒネ・イツアの出身中学・小学校は?萩山では控え選手?

イヒネ・イツア選手の出身中学校は愛知県名古屋市瑞穂区の公立の名古屋市立萩山中学校になります。

イヒネ・イツア選手は、スポーツ一家で育ち、元々サッカーをされていましたが、中根小学校3年時に友達に誘われたのがきっかけで瑞穂イーグルスで野球を始めました。

小学校時代から足は速く、運動会ではずっとアンカーで一位だったそうです。

小学校時代は、俊足を生かし遊撃手と中堅手を守っていました。

そして、中学校時代は、名古屋市千種区を拠点とする名門の中学軟式野球チーム東山クラブで、遊撃手兼外野手としてプレーしています。

中学時代は、レギュラーではなく控えのたまに代打かスタメンで出る選手で、試合に出る時は6番などを打っていました。

中学時代は、身長180㎝・体重63㎏と非常に華奢な体をされてたので、パワーが不足だったです。

その為、中学時代の練習では、力一杯投げてるのに「ちゃんと投げろよ」と言われてたそうです。

中学時代について、イヒネ・イツア選手は

センターを守っていましたが、全然パワーがなかったですし、打球も飛ばない打者でした。

とコメントされています。

当時の東山クラブの4番は、日本航空高校石川の内藤鵬(ないようほう)選手になります。

中学時代の内藤選手を見て、イヒネ・イツア選手は一人だけ飛びうけていて、かなうはずもないと感じてたそうです。

スポンサーリンク




誉高校で中学時代から急成長!

そんな中学時代は無名だったイヒネ・イツア選手の身体能力と将来性を評価し、一番最初に声を掛けたのが誉高校になります。

イヒネ・イツア選手は「行きたい高校を選べる実力なんてない」と最初に声を掛けられた誉高校に進学します。

入学当初は中堅手、続いて投手をされ、高校2年の6月にショートのレギュラーがケガをしたので、イヒネ・イツア選手が守った際に、ショートがハマった感じがあったそうです。

そして、当時の誉高校はフィジカル強化を徹底的にやるチームに移行してて、イヒネ・イツア選手もフィジカルトレーニングと寮に入り多めの食事を行った事により、身長184㎝・体重83㎏と体も強化され、スイングスピードが向上し、肩も強くなったそうです。

誉高校では、筋力トレーニングだけでなく、アジリティ系や身体操作系のトレーニングなどあらゆるメニューを行っています。

ちなみに、イヒネ・イツア選手は高校入学当初から「育成でもいいからプロに行きたい」と言ってたそうです。

以上が、イヒネ・イツア選手に関する記事ですね。

イヒネ・イツアの国籍や両親(父・母)・兄弟は?【家族】今回は、誉高校のイヒネ・イツア選手の プロフィール 国籍について 両親や兄弟について 両親や兄弟のエ...