箱根駅伝

四釜峻佑の中学校・高校は長井南・山形中央?身長や読み方などは?

今回は、2021年関東インカレで日本人トップ、全日本大学駅伝で8区を激走した四釜峻佑選手の

 

 

読み方や身長などのプロフィールや

 

出身中学校や高校などの学歴

 

小学校・中学校時代の戦績や

高校時代の戦績

 

 

などなど…四釜峻佑選手について書きました。

四釜峻佑の読み方や身長などのプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

順大男子長距離(@juntendo_ekiden)がシェアした投稿

四釜峻佑選手の読み方や身長などのプロフィールですが

  • 読み方:四釜峻佑(しかましゅんすけ)
  • 生年月日:2001年1月7日
  • 出身地:山形県長井市
  • 身長・体重:166.8㎝、55.5㎏
  • 血液型:A

 

  • 順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科
  • 10000m自己ベスト:26分36秒03
  • 10000m公認:26分36秒03、ハーフマラソン公認:1時間3分6秒

 

 

 

以上が、四釜峻佑選手の読み方や身長などのプロフィールになりますね。

スポンサーリンク

四釜峻佑の中学校・高校は長井南・山形中央?

四釜峻佑選手の出身中学校・高校などについてですが

長井小学校→長井南中学校→山形南高校

 

となりますね。

 

長井南中学校の陸上部は、山形県中学校駅伝大会に出場してる強豪校になります。

四釜峻佑選手自身も、同大会に出場し、中学2年時に1区7位の結果でした。

 

山形中央高校はプロの野球・サッカー選手やスピードスケート選手を輩出しています。

陸上部は、東海山形・日大山形・米沢工業などの強豪校があり、都大路高校駅伝出場からは遠ざかっています。

四釜峻佑選手自身も、高校時代、都大路高校駅伝に出場はできませんでした。

高校時代の四釜峻佑選手は苦戦をしてたそうですが、高校での蔵王の夏合宿で起伏の自身を付けたそうです。

 

ちなみに、四釜峻佑選手は小学校時代に、当時の山の神・東洋大学の柏原竜二選手を見て、「いつかあそこを走る」と箱根駅伝、特に5区は憧れの舞台だそうです。

 

以上が、四釜峻佑選手の中学校・高校などに関する記事ですね。

スポンサーリンク

四釜峻佑の小学校・中学校時代の成績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

順大男子長距離(@juntendo_ekiden)がシェアした投稿

四釜峻佑選手の小学校・中学校時代の成績ですが

 

小学校

2011年8月、第6回 蔵王坊平全国ジュニア駅伝競走大会 男子 第2区 7分30秒で26位

 

中学

2014年6月、平成26年度西置賜地区中学校体育大会 男子3000m 9分23秒64大会新で優勝

2014年5月、第36回全国つつじマラソン大会 中学男子5㎞ 17分54秒で3位

2015年7月、第55回山形県中学校総合体育大会 1500m 4分12秒84で4位、3000m 9分9秒96で4位

 

以上が、四釜峻佑選手の小学校・中学校時代の成績でした。

スポンサーリンク

四釜峻佑の高校時代の成績は?

四釜峻佑選手の高校時代の成績ですが

 

2016年、第51回山形県長距離記録会 男子高校5000m決勝 14分59秒67で9位

2016年11月、第58回 山新杯べーダー駅伝競走大会 1区(8.4㎞) 26分7秒で区間賞 チームは2時間12分46秒で3位

そして、2016年12月、「広報ながい」の「長井市体育協会前期成績優秀者」にて、殊勲賞・個人 陸上にて紹介されています。

 

2017年5月、第68回山形県高等学校総合体育大会 5000m 14分45秒26で4位、1500m 4分2秒94で7位

2017年8月、第42回蔵王坊平クロスカントリー 男子ジュニア6㎞ 3分20秒08 にて3位

2017年7月、第72回 国民体育大会陸上競技山形県予選会 5000m 15分8秒14で4位

2017年10月、山形県高校駅伝 32分55秒で1区(10㎞)5位 チームは2時間15分06で3位

2017年12月、第52回山形県長距離記録会 高校男子5000m 15分13秒56で6位

 

2018年5月、第69回山形県高等学校総合体育大会 陸上競技大会 1500m 4分2秒65で4位、5000m 15分30秒11で5位

2018年7月、第268回日本体育大学長距離競技会 男子5000m21組 14分51秒72で1位

2018年10月、山形県高校駅伝 1区(10㎞) 31分45秒で4位 チームは2時間15分28で4位

2018年8月、第43回蔵王坊平クロスカントリー大会 ジュニア男子6000m 19分18秒で2位

2018年9月、第24回しらかわ駅伝競走大会 第1区で31分20秒で20位 チームは2時間15分22秒で21位

2018年12月、第71回平成国際大長距離記録会 5000m 14分36秒39で47位

2019年2月3日、第69回大澤駅伝 1区(10㎞) 29分52秒で高校男子フル区間賞 チームは2時間13分28秒で10位

 

そして、2017年10月27日の「毎日新聞」地方版の記事にて、注目株として高校2年時の四釜峻佑選手が紹介されていました。

注目株は山形中央で、東北高校新人大会5000メートル3位の松岡龍生選手(2年)、県高校総体5000メートル4位の四釜峻佑選手(同)、牛沢昂大選手(3年)。

 

 

以上が、四釜峻佑選手に関する記事ですね。