スポーツ

水口創太が膳所高校に進学した理由は?中学は北大路出身?

今回は、京都大学の注目選手の水口創太さんの

 

  • 中学・高校時代のエピソード
  • 大学や浪人時のエピソード

 

などなど…について書きました。

水口創太が膳所高校に進学した理由は?中学は北大路出身?

水口創太選手は滋賀県大津市出身で、小学校2年時に野球をやってる友達が多く、少年野球に体験入団し、その時楽しかったので野球をやろうと思ったそうです。

大津市立晴嵐小学校出身で、晴嵐スポーツ少年団に所属しています。

このチームの1学年上にはDeNAの京山選手がいてました。

小学校の時からずっと野球を真剣やられていて、野球を始めた時からプロ野球選手を夢見て来ました。

塾は小学校5年時から通ってたそうです。

さらに、習い事は水泳・書道・すこしだけ陸上をされていました。

陸上の大会走り幅跳びの大会に出た事があるそうです。

 

中学は大津市立北大路中学校で軟式野球部に所属されています。

勉強に力を入れ出したのは中学校1年時からで、中1の初めてのテストである程度点数を取ったら、もっと高い点を取りたいとモチベーションが高まって行ったそうです。

中学時代は、毎回5位以内には入ってたそうです。

水口創太選手は文武両道の為に、テスト勉強をできるだけ早く始める様にしてたそうです。

膳所高校には、中学1年から行きたいと思ってたそうで、そのモチベーションはずっと落ちる事はなかったそうです。

 

膳所高校は、グランドが充実してて、野球をするのに凄く良い環境でした。

高校時代は、甲子園を目指すより自分の力を磨きたいと言う気持ちがあったそうです。

高校では野球を中心に勉強もやると言う感じの生活を過ごされています。

高校1年秋からベンチ入りし、2年秋からエースになります。

2年秋は滋賀県大会 初戦敗退、3年夏は滋賀県大会 3回戦で水口高校に7回コールド2対10で負けています。

この試合では、水口創太選手は5回まで投げてたそうです。

試合で敗退し、チームを引退した時は「これが自分の野球の実力だとしっかりと受け止めて、いったん勉強に切り替えよう」と言う気持ちだったそうです。

スポンサーリンク




水口創太は京都大学出身!浪人時のエピソードは?

現役時代も京都大学を受験しますが不合格で、一浪し京都大学に合格されました。

浪人時代は、野球や筋トレを全くやらず、体重だけ減らない様に意識的にキープしてたそうです。

基本的にずっと予備校にいて、1日10時間程勉強をされていました。

京都大学 医学部人間健康科学科に進学されますが、選んだ理由は野球をしてて体の仕組みに興味があったからだそうです。

入学後に、理学療法学専攻を選択されたそうです。

ちなみに、大学では2018年に膳所高校が21世紀枠で選抜出場時のエース・手塚皓己選手とルームシェアをされていました。

 

京都大学入学時の球速は140㎞満たずでした。

3年春からリーグ戦に出場し、2試合にリリーフで登板し、0勝1敗 防御率5.40を記録しています。

3年秋のリーグ戦の2021年9月4日の開幕・近大戦で2回無安打無失点に抑え初勝利になり、自己最速の149㎞を記録します。

その後、2021年9月4日の2021年10月3日の同志社戦で自己最速の152㎞を記録し、2回を無失点を記録しています。

152kmは京都大学の投手では史上最速の球速になります。

以上が、水口創太選手に関する記事ですね。